Ado-狂言

聴いてみました。Adoちゃんのニューアルバムです。

1.レディメイド
2.踊
3.ドメスティックでバイオレンス
4.FREEDOM
5.花火
6.会いたくて
7.ラッキー・ブルート
8.ギラギラ
9.阿修羅ちゃん
10.心という名の不可解
11.うっせぇわ
12.マザーランド
13.過学習
14.夜のピエロ


「うっせえわ」ばかり先行して「うっせえわちゃん」とか言われるのが
不憫でなりませんでしたが、他の曲もちゃんと素晴らしかったです。

まだ10代だと思うのですが、なかなかドスの効いた声なんですよね。
この末恐ろしい感じは久しぶりの感覚です。
椎名林檎や宇多田ヒカルが登場したときの衝撃を思い出しました。

余談ですが、名曲「歌舞伎町の女王」は林檎氏が10代のころに作った曲です。
これも相当あたまおかしい(もちろん褒め言葉)と思っていました。
龍が如くの遥くらいの体験してないとあんな曲かけないでしょ。

宇多田ヒカルのときはもう日本に新ジャンルを持ち込んだ勢いでしたね。
とっても悪く言っちゃうと洋楽かぶれなんですが、実際に彼女は海外生活長かったから
そう思っちゃうのも仕方ない。長い日本の音楽歴史でこんな衝撃もなかなかないです。
まさにパイオニア。音楽界の大谷翔平です。(いや野茂か?)

Adoちゃんに話を戻しましょう。
珍しく顔出ししないアーティストさんなんですが、
最近は顔出さなくても十分ヒットするんですよね。(GReeeeNも超売れたし)
昔と違って売り出し方は様々なので問題ないのでしょう。
ってかもう歌番組が衰退してるのでってのもあるかも。
主にネットの発信でしっかり実力発揮してくる点は米津玄師にも通ずるのかな。

いろんな人と比較しちゃいましたが、現状唯一無二の存在だと思います。
一発屋で終わってほしくない。そんな真のアーティストです。

え、ここってこういうBlogだったっけ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました