投資成績(2022年3月)

ついに3月になりました。
いろいろと思うところはありますが、恒例のやつ(2回目だけど)です。

3月の投資成績です。
投資成績3月

前回、画面を直接キャプチャしてたので見づらかったのです。
なのでエクセルで集計したものがこれです。

これ、どうでしょうねぇ??
最近の株価下落はご存じのとおりで、私のポートフォリオも見事に直撃していますね。
でもトータルマイナス32万ほどなのでまだ頑張ってるほうでしょうか。

AGGは微減で持ちこたえています。
やはり株に比べて債券は下落時に強いのでしょうか。

わからないのがUSA360です。
これ、株と債券を組み合わせている投資信託なのですが、
結構大きくマイナス食らってます。

USA360の内訳はこれなんですが、
 「株式と債券への投資比率を1:3として、
  実質的にファンドの純資産総額の360%(3.6倍)
  相当額を米国の株式と債券に分散投資します」
株式分のマイナスが大きく出ちゃってるのかな・・。

SP500やオールカントリー、レバナスなんかは順調に下がってますねw
これはまぁ想定どおりですが、意外と下げ幅は小さく済んでる印象です。

それはそうと、今回特筆すべき点はFOLIOです。
なんとプラス7万です。いったいどんなマジックを使ってるのでしょうか?
FOLIOってロボアドなのでAIが勝手にポートフォリオ組んで
運用お任せするってやつなんですが、細かな内訳はわからないんですよね。
試しに運用の詳細を見てみた結果がこれです。

FOLIOの内訳
FOLIO優秀

コモディティで耐えているのはわかるのですが、
別に株式も債券も割合を抑えてるわけではありません。
株式なんて半分以上しめているのに、マイナス1%で済んでるのは
どういうカラクリなんでしょうか??

FOLIOは運用始めてからちょうど1年ですが、
割合にしてプラス7%という成績が出ています。
まぁトントンという印象ですが、こういう下落時の動きは
ちょっと特殊に見えますね。
来月もFOLIOは細かく追ってみることにしましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました