楽天ひかりへの切り替え結果

今月からようやく楽天ひかりへ移行します。
楽天モバイルを契約している人ならひかりの料金が1年無料キャンペーン中です!
3月1日が切り替え日だったので、簡単な手順を残しておきます。
ソフトバンク光から楽天ひかりへの移行、かつ工事不要のパターンです。

楽天ひかり
楽天ひかり

切り替え日までに行うこと

①ルーターを購入する。

 楽天ひかりの場合、現在(2022年3月1日)ではルーターの貸し出しは行っていません。
 なので、自前で用意する必要があります。

 気を付ける点は、IPv6に対応できるルーターを選択することです。
 以下のページで楽天ひかりに対応できるルーターを選ぶのが無難です。
 https://network.mobile.rakuten.co.jp/hikari/internet/ipv6/xpath/

 IPv〇っていうのはWi-Fi接続の規格のこと。(〇には数字が入ります)
 なんやら良くわからないと思いますが、IPv4とかと比較して新しい規格なので
 まだ接続数が物理的に少ないということです。
 接続数が少ない→使ってる人が少ない→回線速度が速い

 わかりやすくまとめているサイトがあるのでご覧ください。
 https://www.buffalo.jp/contents/topics/knowledge/wi-fi6/

 もう1つの注意点があります。11axに対応できるルーターを選択することです。
 上記サイトを見て頂くとわかりますが、規格名に11acやら11axやらあると思います。

Wi-Fiの規格一覧
Wi-Fiの規格一覧

 この11acやら11axが重要で、
 ルーターの中にはIPv6はいけるけど、規格は11acまでやで~っていうものもあります。
 なので、今から購入する場合は11axに対応できるルーターを選択すれば
 楽天ひかりのパフォーマンスを最大限扱うことができるようです。

 自分はバッファロー社の「WSR-3200AX4S」を購入しました。
 ちょっと高いけど、11ax対応なので高速インターネットが使える!(はず!)

切り替え日当日に行うこと

①ルーターを差し替える

 楽天から連絡された切り替え日当日になったら、遠慮なくルーターを切り替えましょう。
 おそらく、元々ソフトバンク光を使っていた方は工事なしで切り替えになるはずです。
 NTTが持ってきたモデムなどはそのまま使えるので、ルーターだけ切り替えます。

ソフトバンク光から借りてるルーター
ソフトバンク光から借りてるルーター

 おそらくこの「インターネット回線」というところにケーブルが刺さってた
 と思うので、こいつを抜いて新しいルーターの「インターネット回線」に
 接続すればOKです。

 本当に新旧置き換えるだけなので、簡単なはず。

②ルーターに接続する

 次に、パソコンやスマホからルーター接続を行います。
 Windowsの場合、タスクバーの右のほうに「インターネットアクセス」
 というのがあるので、そこを選択します。
 大抵のルーターにはセットアップのための情報が記載されています。
 カードやルーター本体の裏側を確認しましょう。

セットアップカード
セットアップカード

 SSID(5GHz)に書いてある接続先を選択して、暗号化キーを入力します。
 これでルーターは繋がります。
 ただしこの時点ではまだインターネットに繋がっていません

③ルーターの設定を行い、IPv4に接続する

 おそらく、②を実施した時点でブラウザにバッファローの
 設定画面が出てくるはずです。↓こんなやつ

バッファローのルーター設定
バッファローのルーター設定

 ここでセットアップカードに記載されている
 本機ログインの情報を入力してログインします。

 もし出なかったら
 http://192.168.11.1 にアクセスすればいけるはずです。

 ログインできたらIPv4の設定情報を入力します。
 これは楽天ひかりから送付された「アカウントのお知らせ
 に記載されている、「IPv4(PPPoE)インターネット接続情報
 を入力します。
 いったんこれでWi-Fi接続ができるようになったはず。

超重要な切り替え時のポイント

 で、いったんWi-Fi接続されたかと思いますが、ここで疑問に当たるはずです。

 なんでIPv6じゃなくてIPv4なんや?

 って。
 どうやらこういう仕組みらしいです。

 ①新しい会社(楽天)の回線で接続する(IPv4)

 ②古い会社(ソフトバンク)が楽天で繋がったことを確認

 ③古い会社(ソフトバンク)がIPv6回線を解放

 ④新しい会社(楽天)でIPv6回線スタート

 いろいろ調べた結果、③~④までのタイムラグが1週間くらいあるそうです。
 今、この記事を書いているタイミングはIPv4回線ってことですね。
 (厳密にはソフトバンク回線のIPv6です。2日目参照)

明けて2日目

楽天からこんなメールが届きました。

楽天の回線は開通していますが、まだIPv6で繋がっていません。

変更前の会社にIPv6の解約を確認してください。

契約解除してもIPv6が繋がったままってこともありますよ。

まぁでも事前に調査したとおりですよね。
ここから少しかかるのは承知していました。

こちらから楽天の回線でIPv6で繋がっているか確認ができます。
http://check.xpass.jp/

さらに、現状IPv6で繋がっているか?はこちらから確認できます。
https://test-ipv6.com/

現時点で調べてみると、案の定
IPv6で繋がってるけど、まだソフトバンクで繋がってる
といった状態ですね。

ソフトバンクのカスタマーサポートは、やたら待たせるで有名なので
もうしばらく待ってみることにします。

2日目夕方

ふと、ソフトバンクのマイページを見てみたら「解約済」になっていました。
このタイミングでソフトバンクの回線は切れて、楽天のiPv4回線になるみたいです。

んー確かに遅い。十分体感できるくらい遅い。
試しに↑で紹介した2つのURLにアクセスしてみたところ、
間違いなく現状はIPv4回線で繋がっている様子です。

今朝の楽天からのメールに「変更前の会社が解約しても連絡はいらん」と
書いてあったので、おそらくこのまま自動で切り替わるのでしょう。

明日が楽しみです。

そして3日目。忘れずに機器返却しよう

確認しましたが、まだIPv4のままみたいです。
楽天さん、頑張って拾っておくれよ。

忘れちゃならないのがソフトバンクから借りてるルーターは返却が必要です。
ここぞとばかりに元払いを指定してきます。私の場合830円かかりました。

ついでに料金の件をまとめておきます。
まず楽天。だいたい登録申請した翌月の1日から開始になるそうです。
これはまぁ許せるのですが、問題はソフトバンクの料金です。
解約日の翌月まで料金がかかる・・そうです。
つまり私の場合は2月に解約申請したのにも関わらず、
解約日が3月1日になるので、3月と4月まで月額料金がかかることになります。

なんだろうこの共同搾取計画
2月はまぁソフトバンクがまだ使えたので許せますが、
3月と4月は完全に無駄な2重計上ってことになります。

楽天モバイルにすでに契約していたので、1年無料なので
まぁそこは諦めるしかないのですが・・。なんかもやもやしますよね。

4日目!ついに開通!

楽天からメールがきました。
IPv6に開通しました!

特になにも設定は変えずに、IPv6に開通したようです。
一応、上記で紹介した2つのサイトでチェックしてみます。

接続確認ページ
xpass
xpass

赤枠で囲った個所が「クロスパス可変サービス利用中」
と表示されればOKらしいです。


Test your IPv6.
This will test your browser and connection for IPv6 readiness, as well as show you your current IPv4 and IPv6 address.
IPv6
IPv6

IPv6インターネットアクセスがあるように思われます。。
ってまた微妙な表現ですが、これが出ればOKです。

ちゃんとスピードも出ているようです。
下りで310MBps出ていたので十分でしょう。

さて、1年無料だ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました